ふさふさラジオ

仕事・Sierからの転職のこと、家族のこと、フリートークを発信する

トイ・ストーリー4感想、完璧な終わりを迎えた前作を超えられるのか

2019年7月12日公開の「トイ・ストーリー4」を映画館で鑑賞してきました。

シリーズ4作目となるこの作品ですが、製作が発表になったときから賛否両論がありました。なぜかと言うと前作トイ・ストーリー3の終わり方が完璧だったからです。

結論から言うと、おもしろかったです。だがしかし!思うところはいくつかあります。前作から振り返りつつ感想をお伝えします。ネタバレも含みますのでご注意ください。

前作トイ・ストーリー3の存在

トイ・ストーリー1、2では持ち主であるアンディのもとに帰るためにウッディバズが奮闘する姿が描かれていました。

トイ・ストーリー3では、「大人になった持ち主とおもちゃの別れ」が描かれました。

持ち主が大人になってしまったらおもちゃはどうなるのか。いくら思い入れのあるおもちゃでもずっと持っているわけにはいきません。観客もその答えを出せないまま物語をみていたのではないでしょうか。

そして誰もが納得の感動の結末。おもちゃをアンディの家の近所に住むボニーという女の子にあげることになります。アンディは一番のお気に入りであるウッディだけは手元に残すつもりでいたのですが、一目でウッディを気に入ってしまったボニーをみて、一瞬寂しそうな顔をするもののウッディの遊び方を楽しそうにボニーに話しながらエンディングを迎えます。アンディはおもちゃ達を見つめながら「ありがとう、みんな」と声を掛けて去っていきました。

トイ・ストーリー3としての終わりだけでなく、子供とおもちゃの関係を描いたトイ・ストーリーシリーズ全体の完結としての意味がとても強かった様に思います。

それだけにあの完結から続編をつくることに賛否があったのです。

物語の続きを描くことではなく、前作以上の結末を求められてしまっているように思いました。

トイ・ストーリー4あらすじ

ボニーが幼稚園のお試し入園に行くことになり心配になったウッディがリュックに隠れてついていきます。引っ込み思案なボニーでしたがウッディのサポートもありガラクタを使った工作を完成させます。ボニーはその工作にフォーキーと名前をつけました。フォーキーができてからはボニーは幼稚園を楽しく過ごせた様です。

f:id:syoburu:20190721022358j:plain

ウッディとフォーキー

フォーキーがボニーの家に帰ってくると、おもちゃ達同様にフォーキーも動ける様になっていました。しかしゴミを寄せ集めて作られたフォーキーは「自分はゴミだから」とすぐにゴミ箱に飛び込もうとします。それをウッディが止めるという繰り返し。車から飛び降りたフォーキーを追ってウッディも車から飛び降ります。みんなの元に戻る間、ウッディは自分とアンディとの思い出を交えながら、ボニーにとってフォーキーは無くてはならない存在であることを説明します。ついにフォーキーも自分の役割を理解しボニーの元に帰ることを決めました。

しかし、途中で立ち寄ったアンティークショップにいたおもちゃのギャビー・ギャビーフォーキーが捕まってしまいます。ウッディはすぐにフォーキーを救出しに行こうとするのですが、そこで9年前に別れたウッディの元恋人であるボー・ピープと再会します。現在のボーは誰かの持ち物ではなく、外の世界でたくましく過ごしていました。

f:id:syoburu:20190721015827j:plain

9年ぶりに再会したボー・ピープ

トイ・ストーリー4結末 

ボーと仲間達の助けもあり、フォーキーと共にボニーの元に帰ることができました。ボーは今まで通り外の世界で生きていくためウッディ達とは再びお別れになります。

ウッディは悩んだ末にバズやフォーキーにボニーを託してボーの元に戻ります。持ち主から離れて外の世界でいきて行くことを決めたのでした。

ウッディとバズの二人はお互いの距離が離れて行く中「無限の彼方へ、さあいくぞ」とつぶやいてお別れしました。

ウッディはボーと共に、迷子のおもちゃに持ち主を見つけてあげる活動をしながら広い世界で生きて行くようです。

感想

面白かったです。シリーズの魅力であるおもちゃのコミカルさの演出にはクスッとさせられますし、仲間を救出する際のアクションの見せ方にはワクワクさせられます。

あと新キャラのダッキー&バニーが超絶かわいい!

f:id:syoburu:20190721010700j:plain

ダッキー&バニー

射的の景品として数年間吊るされていましたがバズにより自由の身になり、持ち主になってくれる子供を紹介すること条件に同行することになります。特徴として二人の手の部分が縫い付けられているため離れることができません。それがまたおかしなシーンを生み出してくれます。細い道を通るときに横歩きになったり、どっちが前にいくか争ったり。

すっかり気に入ってしまい、映画館に併設されていたゲームセンターのUFOキャッチャーでぬいぐるみをゲットしました。(2000円以上使いました……)

声優は芸人のチョコレートプラネット。お二人とも上手でエンドロールをみるまでプロの声優さんが担当されているのかと思っていました。スピンオフ作られちゃうんじゃないかなぁ。というかつくってください!!

気になったこと

正直うーんと思ったところです。長いし多いです。

ボーとの別れの場面があっさりしすぎ

9年前、アンディの家でボーと別れる場面。急遽ボーが他の家にもらわれることになり車に乗せられるところでウッディが救出に向かうのですが、ボーとほんの少し会話をしただけで「仕方のないこと」と納得してあっさり引き下がります。恋人じゃなかったの…?今までのシリーズで仲間を助けるために危険に立ち向かってきたウッディはどこにいったの?

物語の舞台がシリーズ最小

ボニー一家が訪れたキャンプ場の中だけで物語のほとんどが完結します。しかも大体下記の場所ばかりです。

  • アンティークショップ
  • キャンピングカー
  • キャンプ場にきていた移動遊園地のメリーゴーラウンドの下

1、2、3では人間の運転する自動車や飛行機にのって移動するなど、おもちゃにとって子供部屋の外の人間の世界はとても広く描かれていたように思います。今回の乗り物移動といえばボニーの家からキャンプ場までキャンピングカーで移動するだけで特に冒険要素もありません。フォーキーとウッディは途中で飛び降りて徒歩でキャンプ場に向かうことになりますが、なんの事件も起こらずあっさり到着します(笑)

シリーズレギュラーおもちゃの活躍シーンが少ない

ポテトヘッド、ハム、スリンキー、レックスなどのおなじみのおもちゃ達も出てくるのですが、ほぼストーリーに絡みません。ずっとキャンピングカーの中にいます。ジェシーが多少活躍する程度。

ウッディがボニーの元を離れた理由は?

思いつくものはいくつかあります。

  • ウッディはボニーに飽きられていた。
  • ボーと別れたくなかった。
  • ボーのように広い世界が見たくなった。
  • 迷子のおもちゃに持ち主を見つけてあげるという新たな使命をみつけた。
  • ボニーはフォーキーがいれば大丈夫。

どれもまちがっていないと思います。しかし「仲間のおもちゃ達と別れる」「持ち主である子供から離れる」ほどの理由になるのか微妙です。どちらもシリーズ通してウッディが一番大事にしていた物だと思うのです。子供にはおもちゃが、おもちゃには子供が必要だったのでは。

詰め込みすぎでテーマがよくわからなかった

つまり何が言いたかったのか(笑)

  • ウッディの新しい役割?
  • ボーという強い女性の象徴?
  • ウッディとボーのラブストーリー?
  • ゴミに見えるフォーキーにも役割があること?
  • 子供にはおもちゃが、おもちゃには子供が必要?

単体の作品としてみればもちろん面白かったのですが、シリーズの続編と考えると、今までのシリーズのテーマをうやむやにしている箇所が多く、それに対する十分な説明もありませんでした。

あとボニーのお父さんがひたすらかわいそう!。せっかく借りたキャンピングカーにトラブルばかり発生(おもちゃ達の仕業)して予定通りに進まなくて「キーッ!」となるあたりすごく感情移入できました(笑)

まとめると

単体作品としてはおもしろい。トイ・ストーリー3の続編と言われると微妙、でした。

ダッキー&バニーがかわいいのでぜひ観てください。

f:id:syoburu:20190723012015j:plain

ダッキー&バニーのステッカー